読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線対策とセラミドパワー

ほうれい線の原因を考えながらセラミドでの対策法を紹介しています

ほうれい線対策にはほうれい線の原因を考えることが大切

30代前後になると、お肌が少しずつ老化してくるため、ほうれい線が目立ち始め、悩んでいる方が増えているようです。ほうれい線ができることで、年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。最近では、早い人は20代後半からほうれい線を気にする方も増えているようです。ほうれい線ができる根本的な原因について考えてみました。

 

 

ほうれい線対策を考える為にほうれい線の原因を考える

 

f:id:maemukiworld:20170223231101j:plain

 

ほうれい線の原因には、加齢や紫外線の影響により、肌の真皮層がダメージを受け、頬のたるみが生じてしまうことにあります。若い方に多く見られるほうれい線には、初期症状として、肌の乾燥が原因でできる細かいハの字のシワが見られます。

 

 

頬のたるみによるほうれい線とは

 

 

頬のたるみが生じるとほうれい線ができやすくなります。ほうれい線の対策を考えるならば、まず、頬のたるみの原因を考えた方が良いかもしれません。


▼真皮層の衰えによる頬のたるみ


肌の弾力は、真皮層のコラーゲンやエラスチンと言った線維が網目状のネットワークを作ることで維持されています。紫外線や加齢の影響などでこれらのネットワークが崩れたり、コラーゲン、エラスチンの生成が減少してしまうと、肌の弾力やハリが失われてしまい、頬のたるみの原因となります。

 


コラーゲンについては、以下の記事も参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

顔のたるみ改善とコラーゲン カテゴリーの記事一覧 - 顔のたるみ、ほうれい線改善!コラーゲン、注射、セラミド、炭酸は効果あり?

 

 

▼顔の筋肉の衰えによる頬のたるみ


顔には、皮膚に直接ついている表情筋という筋肉があります。昔に比べ、現代では、核家族化が進み、会話が少なくなってしまったり、時間に追われ硬いものを避け、柔らかくてすぐに食べれる物を好んで食べたりすることで、顔の筋肉が衰えやすくなっています。

 

 

f:id:maemukiworld:20170223231259j:plain

 

 

また、同じ様な表情ばかりを繰り返すことで、常に同じ部分の筋肉しか使わないため、表情筋が衰えやすくなっているとも言われています。それらのことが原因で頬のたるみが生じてしまいます。

 

 

▼皮下脂肪の増加による頬のたるみ

 

顔の形の違いで異なりますが、主に丸顔で頬が柔らかい方は、もともと筋肉が少ない為、加齢とともに顔の皮下脂肪の増加により、脂肪を支えることができず、頬が下に落ちやすく、頬のたるみが生じやすいです。また、ダイエットなどを繰り返すことで、皮膚がたるみ、ほうれい線の原因となることがあります。

 

 

肌の乾燥によるほうれい線とは

 

f:id:maemukiworld:20170223231901j:plain

 


肌の表皮の一番上にある角質層は、皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質の3つの保湿物質が水分を維持しています。これらの保湿物質が不足すると、角質層の水分は失われ、乾燥してしまいます。

 

 

乾燥状態が進行すると小じわのもととなります。乾燥状態をそのまま放置してしまうと、小じわからほうれい線へと進行してしまいます。


天然保湿因子、細胞間脂質については、以下の記事も参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

houreisen-seramido.hatenablog.com



また、表皮の乾燥が進み、働きが悪くなるとターンオーバーも乱れてしまい、真皮にも影響を及ぼします。真皮、表皮のどちらかの対策だけを考えても、ほうれい線対策にはならないということです。表皮も真皮も両方が活性化することで、ほうれい線の改善ができると考えた方が良いです。