読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線対策とセラミドパワー

ほうれい線の原因を考えながらセラミドでの対策法を紹介しています

ほうれい線対策に大切なセラミド減少の理由、増加させる方法とは?

ほうれい線対策 セラミドとは

ほうれい線対策に大切なセラミド減少理由

 

美しい肌を保つのに役立つ成分は、コラーゲンやヒアルロン酸は特に有名ですが、このほかにも美肌には欠かせない成分が多くあり、セラミドもそのひとつです。

 

f:id:maemukiworld:20161217012639j:plain

 


セラミドは、肌をしっかりと保湿したり、バリア機能を高めるのには欠かすことができない大事な成分です。セラミドが減少してしまうと肌が乾燥しやすくなる、外的な刺激を受けやすくなる、老化が進んでしまうなどの様々な問題が発生します。

 


健康で若々しい肌をキープするためには、セラミドはなぜ減少してしまうのか、その理由も知っておきたいところです。

 


まず、セラミド減少の理由には、加齢の影響があげられます。セラミドの産生力は、赤ちゃんの時期をピークに年々衰えていきます。50代になると、セラミドの量は、20代の半分程度になると言われ、60代になると90%の人が乾燥肌になると言われています。

 

f:id:maemukiworld:20170226134837j:plain

 


加齢とともにセラミドの生産能力は落ちてしまうことは、ある程度は仕方がないことと言えますが、それを放置し続けると、乾燥やツッパリ、肌のかゆみや痛みなどに悩まされる場合がありますので、加齢とともに、セラミドの補給は、とても大切になってきます。

 


そして、洗顔やクレンジング、さらにスキンケアで肌を擦ってしまうこともセラミドを減少させてしまうことにつながります。肌のお手入れは、余計な力を入れずに優しく丁寧に行うことも大切です。

 


また、肌のターンオーバーの機能が衰えてしまうこともセラミドの生産性を落としてしまうことにつながりますので、睡眠をしっかり摂ったり、マッサージなどで血行を促進させるなどしてターンオーバーの機能を高めていいくことが大切です。

 

 

ほうれい線に大切なセラミドを増加させる方法


加齢とともにセラミドが減少してしまうことは、避けられないことですが、減少した分を補ったり、減少の速度を緩めたりすることができれば、老化の減少も抑制できるのではないでしょうか。まず、簡単に取り入れられる方法としては、食事習慣を見直す、化粧品から補うという点を考えてみます。


セラミドを食事から補う方法


セラミドが多く含まれている食品としては、米(米ぬか)、小麦(小麦胚芽)、大豆、こんにゃく芋などがあります。これらの食品を積極的に摂取することは、大切になります。

 

f:id:maemukiworld:20161218012924j:plain

 

 

少し前に、こんにゃく芋よりも多くセラミドを含むと言う点で、話題になったのが、パイアップルです。パイナップルにもセラミドが豊富にあるようですので、積極的に摂取したいですね。


食品から補うという点で、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 


食品だけで充分な量のセラミドを補うのは難しいという場合もありますが、そんな場合はサプリメントや美容ドリンクが便利です。

 

 

こうしたサプリメントや美容ドリンクを上手く活用することで、毎日手軽に必要な量のセラミドを摂ることができますし、他の美容成分も同時に摂取することができますので高い美肌効果も期待することができます。

 


セラミドを化粧品から補う方法


セラミドを食事からは補う方法以外には、セラミドがたっぷり含まれた化粧品から補う方法もあります。敏感肌の人は、特にこうした成分が不足しており、外的なダメージも受けやすくなっていますので、高配合となっているセラミド化粧品の利用がおすすめです。

 

f:id:maemukiworld:20161217220528j:plain

 


セラミドは、油溶成分ということもあり、乳液やクリームなどの油分を含んだ化粧品に配合されていることが多くなっています。セラミドが存在している場所は、角質層の表皮の中でも一番外側、最前線にある場所ですので、食品から摂取するよりも化粧品で浸透させた方が即効性はあります。

 


セラミドは、もともと肌に存在する成分と言うこともあって浸透力にも優れていますし、かぶれる心配もないものですので、肌が敏感な人も安心して使えます。

 

 

ほうれい線対策には、真皮層を活発化させることも大切

 

今までは、セラミドを増加させ、肌の角質層の保湿対策を紹介してきましたが、実は、ほうれい線対策としては、真皮層を刺激し、活性化することで、ほうれい線対策の効果が期待できると言われています。その為には、真皮層の線維芽細胞に働きかける必要があります。

 


方法としては、様々ありますが、最近話題になっているのは、発酵・熟成プラセンタを摂取することで線維芽細胞に働きかけ、コラーゲン生成を促進して、ほうれい線対策へと導いてくれるサプリメントです。通常のプラセンタを発酵・熟成することで、プラセンタパワーがアップしているものです。

 

発酵・熟成プラセンタについては、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

ほうれい線対策には、角質層の潤いを考えると同時に、真皮層についても考え、対策していくことが大切になります。ほうれい線については、以下の記事を参考にして下さい。

 

houreisen-seramido.hatenablog.com

 

houreisen-seramido.hatenablog.com