読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線対策とセラミドパワー

ほうれい線の原因を考えながらセラミドでの対策法を紹介しています

ほうれい線対策にセラミド化粧水の効果と口コミ

ほうれい線対策 セラミド効果 ほうれい線対策 セラミド口コミ

ほうれい線は、加齢による皮膚のたるみなどによって出来ることが大半ではありますが、肌の乾燥や表情筋の衰えが原因で、ほうれい線が生じてしまうこともあります。最近は、若い年齢の方でも、ほうれい線で悩んでいる方が多いようです。

 


ほうれい線が気になり始めたら、放置せず、積極的に保湿対策を行うことをおすすめします。対策もせずに放置してしまうと、そのまま、深いほうれい線へと変化してしまいます。そうなってしまうと、ほうれい線をなかったことにするのは、とても難しくなります。


ほうれい線については、以下の記事を参考にして下さい。

 

houreisen-seramido.hatenablog.com


 

ほうれい線対策に必要な保湿対策とは

 

ほうれい線対策として考えられる保湿対策を一番に挙げるとすれば、化粧品からの保湿ケアが考えられます。

 

 

保湿対策として選ぶ化粧品には、エイジング効果のある成分が配合されているものを選ぶことがおすすめですが、肌に弾力を与え、ハリを取り戻してくれるコラーゲンやエラスチン、抗酸化作用により肌の老化を抑制したりコラーゲンの生成をサポートしてくれるビタミンC誘導体といった美容成分は欠かせません。

 


更に、幅広い年齢層の悩みである乾燥肌には、保湿成分が重要になります。どんなにエイジング成分が配合された化粧品を使っていても、肌が乾燥していてはせっかくの効果がほとんど得られないということにもなりかねません。肌の乾燥には、セラミドがおすすめです。

 

f:id:maemukiworld:20161217012639j:plain

 


セラミドは、角質層に潤いを与えバリア機能を高める作用があり、ほうれい線対策には必要不可欠と言えるほど重要な役割をします。セラミド化粧水、セラミド乳液といった配合量が多い化粧品を選ぶことでより高い効果を得ることができます。

 


セラミド配合量の見分け方としては、成分表示の順番が早いほど配合量が多いものとなっているため、セラミドが最初の方に記載されている化粧品は、配合量が多いと言うことになります。また、配合成分が優れていても、浸透力がなければ肌への効果も得られません。使用をしようとしている化粧品に独自の技術などで浸透力を高めるための工夫がされているのかも確認することが大切です。

 

ほうれい線対策としておすすめしたい化粧水、口コミ

 

スキンケアの中でも、化粧水はとても大切な役割を果たすものです。しっかり、肌に浸透する化粧水を選ぶことが大切になります。セラミド配合化粧水については、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

houreisen-seramido.hatenablog.com


 

セラミドは、脂溶性のため、以前までは、化粧水に配合されにくいと言われていましたが、技術の進歩により化粧水にもセラミドが配合されるようになったようです。セラミド化粧水として、よく知られているものに、ヒフミド、アヤナスがあります。

 


ヒフミド化粧水は、ヒト型セラミド1、2、3、が高配合され、肌に優しく浸透、保湿をし、柔らかくハリのある肌へと導いくれると言われています。

 

f:id:maemukiworld:20170303235249j:plain

 


口コミなどを検索すると、「エタノール不使用のため、敏感肌にも優しく使えて、吹き出物が改善されました。肌のハリや潤いも感じ、継続して使いたいと思います。」「肌につけた時にピリつかず、優しく浸透していく感じがうれしいです。乾燥でガサガサだった肌がすべすべ、モッチリに変わってきました。」などの言葉が多いです。

 

 

一方、ディセンシアのアヤナスは、小さくて高浸透な「ヒト型ナノセラミド」が配合されているところが大きな特徴です。セラミドのナノ化により、肌の角層まで浸透して潤してくれます。

 

f:id:maemukiworld:20170303235347j:plain

 

 

エイジングケアを意識した複合成分もうれしいものが配合されていたりと、スキンケアラインとして使用すると更に効果を得ることができます。

 


口コミなどを検索すると、「アヤナスで検索しても高評価ばかりなので、逆に疑っていましたが、返品可能という言葉につられて、トライアルセットを購入しました。しかし、思っていた以上に肌の潤いを感じることができました。購入してよかったです」「敏感肌の私は、なかなか朝まで潤ってくれる化粧水に出会えなかったのですが、アヤナスは、朝まで潤ってくれるので、手放せません」など、潤いを実感している方が多いようでした。

 

 

ほうれい線対策としてセラミドを増加させる化粧水も考えてみる

 


ほうれい線対策として、セラミドを補うことはとても大切なことですが、セラミドを補うだけでは、根本的は部分で、肌の乾燥は、解消されていないのです。セラミドを作り出す体力を取り戻してこそ、自らの素肌を取り戻せたと言えるのではないでしょうか?

 


今は、美容業界も技術が進歩して、不足したものを補う化粧品から細胞へ働きかける化粧品へと変わりつつあります。ほうれい線対策としても、セラミドを補うのも一つの方法ですが、セラミドを作り出す肌を取り戻す化粧品を利用するのも一つの方法です。

 

 

f:id:maemukiworld:20170303235509j:plain

 


具体的には、ビーグレンキューソームローションは、保湿型ビタミンC誘導体(3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸)配合により、自身のセラミドを増やして定着させることができる化粧水と言われています。今までの、一般的な化粧水と比べると、36倍の浸透力というスゴイ勢いで肌へ浸透していくようです。

 


口コミなどを検索すると

 

50歳になり、良い物だけ、必要な物だけを選んで使おうと思い、ビーグレンを選びました。ビーグレンは、ラインで使ってこそ効果が得られると思います。使い始めて、冬の暖房器具による乾燥が気にならなくなりました。

 

 

「トライアルセットを購入後、気に入って、本格的に購入しました。使用を始めて、3週間ほどで肌がツルツルとして変わってきました。」など、使用を始めて、短期間で肌の変化を感じる方が多い様です。

 


セラミドを補う方が良いのか、セラミドを増やしていく方が良いのかは、肌の乾燥の状態、ほうれい線の目立ち具合で、それぞれ、自分に合う方法として選んでいくことが大切になると思います。長く継続できる方法で上手く保湿ケアすることが大切です。