読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線対策とセラミドパワー

ほうれい線の原因を考えながらセラミドでの対策法を紹介しています

ほうれい線にセラミドと植物のパワーで対策ヒフミドリフティングエッセンスの効果口コミ

セラミド配合の化粧品でヒフミドと言うと、だれもが知っている化粧品だと思いますが、そのヒフミドの美容液、ヒフミドリフティングエッセンスを使い続けてほうれい線対策をしている40歳代の女性にアンケートに答えていただくことができました。

 


使い続けることで、お肌がどのように変化してきたのか、口コミとして紹介したいと思います。ほうれい線対策として美容液を試してみようかなという方の参考になればうれしいです。

 

f:id:maemukiworld:20170512153620j:plain

 

ほうれい線対策に利用したいヒフミドリフティングエッセンスとは

 

◆天然セラミドⅡについて


肌の角質層は、角質細胞がレンガのように何層にも並び、そのすき間は、角質細胞間脂質で埋められています。その角質細胞間脂質の約50%を占めるのがセラミドです。その中でもセラミドⅡは、約21%を占めています。

 


セラミドには、バリア機能の主役として水分の蒸発を防ぐ他、セラミド自身が水分を保つという保水の働きがあります。しかし、加齢とともにセラミドが不足すると肌は、潤いを失い、乾燥しやすくなってしまいます。

 


天然型セラミドⅡは、人の肌に存在するセラミドⅡと同じ構造なので角質層に浸透しやすく、肌のバリア機能を高め、しっかり潤いを保つことができます。ヒフミドリフティングエッセンスには、天然セラミドⅡが配合されています。


セラミドいついては、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

houreisen-seramido.hatenablog.com

 


◆植物エキス


ヒフミドリフティングエッセンスには、リフティング効果を高める為に、植物エキスが配合されています。カンゾウ葉エキス、ヒメフクロウエキス、ミツガシワ葉エキスなどの多くの植物エキスは配合されています。これらの植物エキスが角質層まで浸透することで、お肌にハリ、弾力を与えてくれるのです。

 


特に、カンゾウ葉エキスは、「植物エキスの王」と呼ばれ、頼もしい働きをしてくれます。カンゾウは、「甘草」と書き、文字通り甘い味がする様です。別名「リコリスとも言います。カンゾウは、根の部分と葉の部分では、多少成分が違うようです。

 


カンゾウの葉の部分には、フラボノイド、ポリフェノールを含み、コラーゲン合成促進作用とシワ改善作用が認められたという報告があり、期待されている成分です。また、セラミドを作る力を高める作用があることも実験でわかってきている様です。

 


その為、ヒフミドリフティングエッセンスには、不足したセラミドを補うだけでなく、肌が本来持っているセラミドを作り出す力を上昇させる美容液という点が多くの方に使われている理由の一つなのでしょうね。以下は、40歳代女性の口コミを紹介します。

 

ほうれい線に気付き、何か対策をしなければと思ったきっかけ

 

私は、30代半ばまでは、ほうれい線といっても何の事かわからないくらい無頓着だったのですが、ある日、自分の若い頃の写真を見て、なにか今と違う!?と感じた時に鼻の横に少し伸びている線の存在に気付きました。

 


そして、それが噂のほうれい線だと知りとてもショックを受け、遅まきながらケアの大切さを思い知りました。その時すでに38歳で乾燥が気になることもあり、保湿を重点的にケアし、ほうれい線だけは、また特別なスペシャルケアをしなくてはいけないと思いました。

 

 

ほうれい線対策にヒフミドリフティングエッセンスと一緒に利用しているスキンケア用品

 

私は、ほうれい線をなんとかしなければと思い、ヒフミドのリフティングエッセンスを試してみることにしました。一緒に使っているスキンケア用品は、同じヒフミドのもので、化粧水にヒフミドエッセンスローションを使っています。

 


朝と夜のスキンケアは、同じです。洗顔した後に、化粧水→美容液の順に使って終わりです。

 

 

ほうれい線対策にヒフミドリフティングエッセンスを利用するきっかけ


私は、ほうれい線をなんとかしなければという気持ちから、いろいろネットなどで調べたところ、小林製薬のヒフミドが気になり、サンプルを取り寄せてみました。実際、使ってみると、使用感がよく、乾燥が緩和されたので、まず「エッセンスローション」を購入しました。

 


ヒフミドが肌に合っていたようで、とても満足していたのですが、年齢的にも化粧水以外にももう少しケアをしないといけないと感じ、シリーズにあった「リフティングエッセンス」も購入してみました。セラミドが濃く、たるみ肌にも効果的という事でほうれい線に対する効果を期待しました。

 

 

ほうれい線対策にヒフミドエッセンスを使い続ける理由・気に入っている点

 

ヒフミドリフティングエッセンスは、美容液ですがジェルっぽい感触で液だれしないのでとても使いやすいです。成分が濃いような感じがします。肌にもなじませやすく潤います。つけたては、少しペタペタしますが、すぐに吸収されて、保水できた実感があります。

 


顔全体に薄く延ばし、特にほうれい線の気になる部分には重点的にハンドプレスをするようにしています。使い始めて、半年ほどなので、まだほうれい線が消えた!という実感はないのですが、肌が潤ってツヤがでるので、ちょっと若々しく見えるのでは?と思っています。

 


いずれ、ほうれい線が消えてくれると良いのですが、たるみが進むのを抑えて目立たなくなるようにと思いながらケアしています。そのためには、数年単位で使い続けないと・・・と思います。

  

  f:id:maemukiworld:20170512154221j:plain

ほうれい線対策にヒフミドリフティングエッセンスを利用した効果・使い方

 

 

私は、ヒフミドリフティングエッセンスを使い始めて、半年ほど経ちます。使い始めて3ヶ月くらいは、ローションのみのケアより保湿が持続されるようになりました。そのためか、肌のテカリが気にならなくなったという嬉しい効果がありました。

 


乾燥する冬の季節でしたが目元の小じわが前年より多少改善されたように感じました。小じわに対する効果は、ほうれい線よりわかりやすいので、とても嬉しい変化でした。

 


半年ほど経った現在は、肌の荒れやすい春ですが、今のところ肌のトラブルはありません。保湿がしっかりされているためだと思います。

 

 

強い日焼け止めを塗って肌が荒れることが多かったのですが、セラミド美容液を使っての基礎ケアが効いているのか、荒れることもありませんでした。ほうれい線については、劇的な効果はありませんが、肌に疲れが出ていない分目立ってはいないと思います。

 


私が、ヒフミドリフティングエッセンスを使う時は、化粧水の後に、1プッシュを顔全体にのばし浸透させたあとで、もう1プッシュ出して、ほうれい線の気になる部分と目元の部分を集中して付けます。

 

ほうれい線にヒフミドリフティングエッセンス以外に行っている対策

 

私は、ほうれい線に良いと言われている「舌回し運動」をしています。舌で歯をなぞる運動で変な顔になるので自宅で1人のときしかできませんが、気がついたときには、やるようにしています。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 


その他の対策としては、ほうれい線は老化なので、日頃の食生活の中で、トマトなどの野菜、鮭、など抗酸化作用の強いとされるものを積極的に取り入れています。外食でもデザートなどでアサイーなど美容食品を食べられるところも増えているので、食べ物には気を使っています。

 


ヒフミドリフティングエッセンスを使い始めて、保湿は改善されましたが、ほうれい線には変化がないので、今の肌の状態は、満足はしていませんが、セラミドは肌に合っているようなので気長に続けたいと思っています。

 


今後取り入れたいのはアンチエイジングとしてプラセンタが気になっていますが、価格が高いので考え中です。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com