読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線対策とセラミドパワー

ほうれい線の原因を考えながらセラミドでの対策法を紹介しています

ほうれい線にセラミド、アルジルリン配合で効果期待のオーガニック美容液とは

美容液を作る為に欠かせない水をトコトンこだわり、白神山地の湧き水を利用し、オーガニックと無添加にこだわり作られた国産の無添加美容液、「ブルークレールリペアモイストWエッセンス」についてです。お肌が弱く、オーガニックにこだわり、エイジグしたいという方の間で、話題の美容液です。

 


その、ブルークレールのこだわりの賜物で誕生した美容液につていまとめてみました。

 

  f:id:maemukiworld:20170507004552j:plain

 

 

ほうれい線対策に利用したいブルークレールリペアモイストWエッセンスとは

 

 

ブルークレールは、豊富な美容成分の配合、白神山地の湧水、そして徹底的なオーガニックと無添加にこだわって作られた国産のオーガニックコスメであり、無添加化粧品です。オーガニックの天然植物成分、無添加での独自抽出成分、お肌を構成する成分を配合しています。

 


ブルークレールは、全商品において、合成保存料、合成界面活性剤、合成ポリマー、合成紫外線吸収剤、シリコンオイル、鉱物油、合成着色料、合成香料は無添加です。

 


年齢を重ねるごとに乾燥が激しくなる肌に優しく働きかけてくれるおすすめの美容液です。公的試験でシワが減ったと証明され、厚生労働省から「乾燥による小じわを目立たなくする効果がある」という表現も認められている頼もしい美容液です。

 


厚生労働省も認める抗シワ試験とは

 


●解析対象者:40~52歳の女性17名 平均年齢45.2歳

 

●試験期間:8週間

 

●試験方法:リペアモイストWエッセンスを顔の片側に塗り、反対側は同美容液を塗らない。4週目、8週目にシワの状態(大きさ、深さ、長さなどの見た目)を目視、効果測定しました。

 

●美容液使用料:8週間で平均約35ml(顔の片側にリペアモイストWエッセンス1個弱)

 

●結果:8週目において小じわ改善が見られました。リペアモイストWエッセンスは、長期使用により一層の効果が出ると推測されます。


※したがって、「リペアモイストWエッセンスⅡには乾燥による小じわを目立たなくする効果があります」という表現が認められました。

f:id:maemukiworld:20170507003038j:plain

出典:ブルークレール


 

ほうれい線対策に利用したいブルークレールリペアモイストWエッセンスが抗シワ効果をもたらす成分とは

 

 

ブルークレールリペアモイストWエッセンスの大きな特徴としては、49種類の全成分においてキャリーオーバーはないというこだわりを持って作られています。キャリーオーバーとは、原料や製造の過程で保存や抽出の目的で微量配合され、商品の全成分への表示義務のない化学成分などのことを言います。


以下は、細かく成分について見ていきたいと思います。


◆エイジングケア成分


●アルジルリン(アセチルヘキサペプチドー8)

●ヘキサペプチドー10

●プラセンタエキス

●植物性プラセンタ(アケビエキス)


皮膚を構成する主成分の一つであるペプチドをお肌に与えることは、効率かつ実感のあるエイジングケアであると考えたブルークレールは、純度100%の大変高価なアルジルリンとヘキサペプチドー10をリペアモイストWエッセンスに配合しました。

 

 

これらの成分は、お肌にとって刺激が少なく、安心して使える成分と考えて配合している様です。

 


アルジルリンは、まさに抗シワ効果をもたらしてくれる期待の成分です。顔の表情筋に関わる神経伝達物質に働きかけると言われていて、お肌にハリとツヤを届けてくれる成分です。まさに、たるみによるほうれい線に効果が期待できる成分です。


アルジルリンについては、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

 

ヘキサペプチドー10は、ペプチドというタンパク質の分子であり、アミノ酸の一種である肌成分です。別名セリシンとも呼ばれ、基底膜強化ペプチドと呼ばれ、表皮の一番下にある基底膜は皮膚全体の健康的な状態を維持するのに重要な役割を持っています。純度100%のヘキサペプチドー10が配合されています。


ペプチドについては、以下の記事を参考にして下さい。

 

houreisen-seramido.hatenablog.com



プラセンタエキスは、豚の胎盤から精製抽出したエキスです。豊富な栄養素を含む効果的な美容成分であることは、誰も知っていることだと思います。


プラセンタエキスについては、以下の記事を参考にして下さい。

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 


アケビエキスは、抗糖化に対する働き、弾力線維フィブリリンの産生促進、ハリとツヤを届ける働きが注目されています。糖化とは、体内の糖分をタンパク質が結合し、お肌にエイジングサインを引き起こし得る物質を作る現象のことです。

 

抗糖化については、以下の記事を参考にして下さい。

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com

 

  f:id:maemukiworld:20170507005240j:plain

 

◆ハリ・ツヤ成分


●20種類の植物成分

●ハチミツ

●ローマカミツレ花エキス


お肌の老化を引き起こしてしまう細胞の酸化や糖化に配慮することで、ハリやツヤのあるお肌へと導いてくれる効果が期待できる、ローマカミツレ花エキスやドクダミなどの20種類の植物成分を配合することで、抗糖化を目指しました。

 

◆潤い成分


セラミド

●コラーゲン

●スフィンゴ糖脂質

●シロキクラゲ多糖体

ヒアルロン酸


ブルークレールリペアモイストWエッセンスには、お肌に潤いを届ける為のセラミド、スフィンゴ糖脂質(発酵セラミド)、コラーゲン、ヒアルロン酸が配合されています。更に、楊貴妃が愛用したと言われる保水力に優れたシロキクラゲ多糖体、また、全体の保湿力を底上げするアミノ酸を14種類配合しています。

 


最近、アミノ酸のお肌への効果も注目され、アミノ酸配合の化粧品が増えてきている様です。アミノ酸については、以下の記事を参考にして下さい。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com

 

◆美白成分


●3種類のローズ成分

●αーアルブチン

●持続型ビタミンC誘導体

●オウゴンエキス

●ソウハクヒエエキス

ハナビラタケエキス


3種類のロース成分とは、ダマスクバラ花水、ダマスクバラ花エキス、ダマスクバラ花油の3種類のローズ成分のことです。これらを高濃度配合しています。

 

 

通常、ダマスクバラ花水は、精油のダマスクバラ花油を製造する際の副産物ですが、ブルークレールの使用しているダマスクバラ花水は、そのもののための製造をされているものです。

 


お肌の本来の明るさを取り戻し、保つ為には、直接的にチロシナーゼ活性の阻害やメラニン生成の抑制に働きかけることが大切です。

 

 

何よりもお肌のターンオーバーが規則正しく働き、肌自体の明るさに近づけて保っていく為に、3種のローズ成分、αーアルブチン、持続型ビタミンC誘導体、オウゴンエキス、ソウハクヒエエキス、ハナビラタケエキスがバランス良く配合されています。

 

f:id:maemukiworld:20170507005510j:plain

 

酵素を活かす湧水の使用


ブルークレールの全化粧品に白神山地の湧水が使用されています。もちろん、リペアモイストWエッセンスにも、非加熱処理の湧水が使用されています。

 

 

白神山地の湧水は、日本人のお肌に優しい超軟水であること、弱酸性であること、非加熱処理されていることから酵素がそのまま生かされていること、原生林のブナの天然のフィルターを通り時間をかけてろ過されること、などの理由から白神山地の湧水にこだわり使用している様です。

 


以上がブルークレールのリペアモイストWエッセンスの成分となります。リペアモイストWエッセンスを使ったドクターの93%が使い続けたいと答えたアンケート結果があるようです。継続使用することで、シワが減る効果については、保証済ということで、ほうれい線やその他のシワに悩む方々には、試す価値がある美容液だと思います。